やっぱり安心したい!ペット霊園の管理方法を初心者にも分かりやすく解説

このサイトはペット霊園の基礎的な知識を説明しています。
遺骨の管理方法や管理する時のポイント、霊園は誰が管理しているかなどを説明していて、知っておくとペットが亡くなった時、どうすればいいか慌てて十分なお別れができなくて後悔することがなくなります。
ペットが安らかに眠っていることがわかればそれだけ安心でき、霊園にお参りに行って亡くなったペットの弔いや、元気な姿を思い出し、一緒に過ごした楽しい時期を回想できます。

やっぱり安心したい!ペット霊園の管理方法を初心者にも分かりやすく解説

ペットが亡くなることは人生で何度も経験するものではなく、ほとんどの人が初心者です。
そのためペット霊園がどんなものか知らない人も多く、ただ単に遺骨を埋葬している場所と誤解している人もいます。
ペット霊園は簡潔に言うと人の弔い方と同じ方法でペットの遺骨を管理していて、管理方法方法に合同供養と個別供養、納骨供養があります。
合同は一度に多くの遺骨を弔い、個別は個別に埋葬してお墓を建てる方法で、納骨は納骨堂に遺骨を安置します。
どの管理の仕方を選ぶかは飼い主さんの希望で選ぶことができます。

そもそもペット霊園とは?基本をおさえておこう

ペット霊園とは、愛犬や愛猫専用の霊園のことです。
基本的な知識として、霊園にはいくつか種類があって合同で埋葬する霊園や個別で埋葬を行える霊園などがあります。
また宗派によっては買い主のお墓に埋葬できるというサービスもあるので、このあたりが比較検討材料になるでしょう。
ペット霊園とは買い主の意向に沿った対応をしてくれるところを選ぶということが、肝要なのです。
ほかの視点としては、自宅から通いやすいかや少なくとも一度は実際に訪問してみて雰囲気を確認したほうが良いでしょう。
究極的に言えば、庭があれば埋葬することが可能なので最低限それよりも価値のある者だと納得することが重要です。
周忌など定期的に供養できる環境があるかや、訪問する際のスタッフの対応なども重要な要素と言えます。
ちなみに共同埋葬で人気なのは、樹木葬という形式です。
「自然に還る」というイメージが定着していて、季節の変わり目に樹木を見ながら思いをはせることが可能な方法になります。

ペット霊園の管理はどうなっているの?

大切なペットを埋葬したペット霊園がどのように管理されているのか、どんな方法が使われているのかと気になる人も多いはずです。
事務所がペット霊園内に設置されている事務所の場合は、お墓の清掃や受付などは事務所のスタッフが行ないます。
細部まで見てほしいといった場合には、常勤のスタッフがいる事務所が霊園内に設置されているかをチェックしましょう。
一方で事務所が作られていない霊園も多く、この場合はペット霊園内には常勤のスタッフは勤めていないことになります。
こちらの場合も清掃などは定期的に行われており、派遣されてきたスタッフが綺麗にしてくれます。
ペット用の共同墓地しかないペット霊園もありますが、共同の墓石はしっかり管理されているため安心することができるでしょう。
人間と同じ納骨堂を利用できたり、飼い主の遺骨と一緒の埋葬が可能だったりといった場合には、人間の墓地と一緒に手入れをしてもらうことができるようになっています。

管理方法はペット霊園ごとに違うの?

ペット霊園は、それぞれの会社によって全く管理状況が違いますのでまずはその比較をしておく必要があります。
例えば、お墓の清掃状況などを確認することです。
ペット霊園というのは、雑草を除去したり清掃を行ったりするときに担当スタッフが付いていることが大半です。
当然ですが、霊園内を清潔な環境に保つことができない状況だと管理をしてもらう意味が無くなってしまいます。
また、管理している会社の中には近くに管理事務所というものを設定しておいていつでも対応できるようにしているところも存在します。
実際に、管理事務所に関してはペット霊園を選択する時の重要なポイントです。
開放的にペット霊園が設けられている場合には、不審者が入ってくるリスクも存在します。
24時間で開演をしているわけではありませんので、セキュリティ面を考慮してそういった人たちへの対応をすることができるかどうかも確認しておかなくてはいけません。
ですから、これらの違いというのは非常に重要なポイントです。

管理方法が違うとペット霊園の料金も違うの?

ペット霊園を利用する際には、供養する方法によって違いが生じる場合が少くありません。
墓地を構える形のペット霊園では、葬儀に要する費用と、墓地を管理するための年間維持費用が掛かっていきます。
長きに亘って連れ添った愛犬や愛猫の場合には、出来る限りの供養をしたいと考えるのが普通でしょう。
多めの料金が掛かったとしても、霊園を構えたいと考える方は少くないのです。
葬儀に要する費用を抑えたい場合には、合同供養や納骨堂の利用を考えてみるのも良いものです。
遺骨を格納するだけの形を取りますから、利用に際する費用を安く抑えることが可能となります。
合同供養の場合には、数千円といった少ない予算での活用も行えます。
遺骨を共同で埋葬する納骨堂の場合には、年間1万円といった少額での利用が可能なところも少くありません。
霊園を提供する事業者では、事前に受けられる無料カウンセリングを開催しています。
自分が行なう葬儀イメージと、投じられる予算を元に、事前に相談してみるのが良いでしょう。

ペット霊園に関する情報サイト
ペット霊園で知っておきたいこと

このサイトはペット霊園の基礎的な知識を説明しています。遺骨の管理方法や管理する時のポイント、霊園は誰が管理しているかなどを説明していて、知っておくとペットが亡くなった時、どうすればいいか慌てて十分なお別れができなくて後悔することがなくなります。ペットが安らかに眠っていることがわかればそれだけ安心でき、霊園にお参りに行って亡くなったペットの弔いや、元気な姿を思い出し、一緒に過ごした楽しい時期を回想できます。

Search